マイレージ積算お買い得航空券

  • お知らせ
  • 掲示板
  • 日本にお住まいの方おすすめ航空券
  • 韓国にお住まいの方おすすめ航空券
  • マイレージ積算お買い得航空券
  • ビジネス・ファーストクラス
  • 日本発呼び寄せ航空券
  • 特殊航空券

マイレージ積算お買い得航空券

タイトル NHの国内線のサブクラスと積算率が10月1より変更になります。
作成者 おおやち 作成日 2018-06-11 ヒット 118

2018101より国際線+国内線の

エコパス(アドオン)のサブクラスで国内線はいままで100%の

積算でしたが、


2018年10月1より国内線搭乗基準で国際線エコノミークラス利用時

国際線と国内線のサブクラスが同じになります。


例えば、国際線H/clsの場合は国内線もH/clsになり

マイレージの積算率も国際線国内線ともに70%の積算になります。

 

もし、国内線を100%の積算にするには国際線をⅯ/cls以上に

の料金の利用になります。その場合は国際線Ⅿ/cls、国内線Ⅿ/cls

双方とも100%の積算になります。

 

具体的に金浦/羽田/石垣/羽田/金浦の場合は

料金は税金込でⅯ/clsで税金込で93万wほどでH/clsの83万wより10万w

ほど高くなりますが、

 

マイレージの積算とプレミアムポイントの面で

大きな差がでます。

 

一様、簡単ですが、101以降国内線利用の

H/clsとⅯ/clsの違いを下記のように簡単に記載してみました。

 

 

101日からNHECOPASSは国際線に準じて国内線も同じ予約クラスに

なりますが、マイルの積算率も同じように下がります。

 

国際線U/cls以下の料金の場合、2018930までに国内線がすべてB/cls100%の積算

でしたが、10月1以降は国際線、国内線が同じサブクラスになりますので、

金浦/羽田よりマイルの大きい羽田/那覇や石垣は100%から70%にさがると

片道300マイル近く違いがでてきます。

 

 

例えば、2018930まで国内線利用の国際線H/cls、国内線B/clsの場合は

金浦/羽田/石垣/羽田/金浦の税金込で83万wになりますが、マイルについては

2018101以降と比べてつぎのように差が生じます。

 

【マイルについて】

 

金浦/羽田は758Ⅿx0.7(積算率)=530Ⅿx2(往復)=1060

羽田/石垣は1224Ⅿx1(積算率)=12242(往復) =2448

合計では                       3508

 

これが101以降国内線利用のH/cls 83万wの航空券は

金浦/羽田は758Ⅿx0.7(積算率)=530Ⅿx2(往復)=1060

羽田/石垣は1224Ⅿx0.7(積算率)=8562(往復)=1712

合計では                      2772

 

736Ⅿ減で約ソウル/東京のマイル分の差くらい違いが生じます。

 

それより10万w高いⅯ/cls93万wの場合は

日本のピークシーズンの時、国内線は座席もとりやすく。

積算マイル、プレミアムポイント(JLFOPと同じもの)

も大きく異なります。

 

101以降国内線利用のⅯ/cls 93万wの航空券は

金浦/羽田は758Ⅿx1(積算率)=758Ⅿx2(往復)=1516

羽田/石垣は1224Ⅿx1(積算率)=12242(往復)=2448

合計では                     3964

     

 

【プレミアムポイント】について

 

930まで国内線利用のエコノミーH/cls

金浦/羽田は758Ⅿx0.7(積算率)=530Ⅿx2(往復)=10611.5(路線倍率)=1591p

羽田/石垣は1224Ⅿx1(積算率)=12242(往復)=24482(路線倍率)=4896p

合計では                                 6487p

 

101以降国内線利用のエコノミーH/cls

金浦/羽田は758Ⅿx0.7(積算率)=530Ⅿx2(往復)=10611.5(路線倍率)=1591p

羽田/石垣は1224Ⅿx0.7(積算率)=8562(往復)=17132(路線倍率)= 3427p

合計では                                  5018p

 

101以降とでは1468p違います。もし、10万w高いⅯ/clsの場合は

さらにボーナスポイントが国際線分の400p2(往復)がさらにつきます。

ボーナスポイント(1区間400p)は国際線Ⅿ/cls以上ですが、国際線結合の国内線は

つきませんので金浦/羽田/金浦400px2(往復)で800pが追加になります。

 

101以降国内線利用のエコノミーⅯ/cls

金浦/羽田は758Ⅿx1(積算率)=758Ⅿx2(往復)=15161.5(路線倍率)

+800(国際線ボーナス往復)=3074p


羽田/石垣は1224Ⅿx1(積算率)=12242(往復)=24482(路線倍率)=4896p

合計では                                 7970p

 

H/clsとⅯ/cls10万wの違いですが、2952pも差が出ます。

 

マイレージ、プレミアムポイントについては搭乗基準の適用になります。

一般会員基準の積算率になり、プラチナ、ダイヤの方は積算率はさらに

異なります。


10月1以降の金浦/羽田/石垣/羽田/金浦で


H/cls-83万wは積算マイル‐2772m。プレミアムポイント‐5018p

M/cls-93万wは積算マイル‐3964m。プレミアムポイント‐7970p

 

*ANAのサイトに掲載されてるマイレージの積算とプレミアムポイントの内容です。

 

マイルの積算率のサイトを参照にしてください。

 

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tameru/flightmile/dom/integration_rate.html

 

 

プレミアムポイントについては下記のサイトを参照ください。

 

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/premium/premium-point/

 

 

*上記提示の料金は税金込の料金ですが、変更もございます。

*積算マイルは一般会員基準でプレミアム会員は異なります。

 

리스트 댓글